つい器の形にしてしまう。

2018年1月9日

P1250869

素材はアベマキのコブの部分。

ある時、枝が落ちて、その枝の根元を包み込んでコブになった部分。

どういうわけか、つい器の形に削り出してしまう。
割れや隙間だらけで、器としての用をなさないような状態なのに。

器にしなくても、他に何か良い形があると思うのだが・・・

Category: | Comment: 0件

マグカップ120 白

P1250711

時々作っています。

割れ防止などな都合上、漆仕上げを施すことにしています。

Category: , | Comment: 0件

飯切

Untitled

size: φ400 x 100
鬼胡桃
クルミ油仕上げ

Untitled

Category: | Comment: 0件

大きなだ円ボウル

Untitled

大容量のだ円ボウルです。

265 x 240 x 73
みずめ クルミオイル仕上げ

Category: | Comment: 0件

木のコップ

Untitled

Category: | Comment: 0件

お気軽抹茶

Untitled

桑のお椀は抹茶碗に丁度良い感じです。

黒い漆のお椀を使ってみるのも良いです。

Untitled

Category: , | Comment: 0件

小鉢

MTBレースの疲労もさほど思ったよりもきつくなく、すぐさま次の仕事に取り掛かります。

Untitled
明日は周南市、マーニでのカレーを作って木の器で食べる会。
こちらが今回の付録の木の器。
直径8cmほどの小鉢です。

ちぬ。
今回は魚のカレー、フィッシュマラバール。
お魚はチヌにしました。

Category: | Comment: 0件

付録の木の小皿

Untitled

今日はLiten+さんでの、カレーを作って木の器で食べる会。
そこで付録として付く木の小皿とフォークの写真です。

直径12cmと小さな小皿ですが、こんな風に積み上がるとなかなか壮観です。

Category: | Comment: 0件

木工屋さんのカレーではもちろん木の器

Untitled

今日は月曜日のイベントで提供するカレーと一緒に出す木のお皿と木のスプーンをざっくりと作り上げました。
ざっくり荒削りしただけの木のお皿と木のスプーン。

カレーを提供するのに、紙皿やプラスチックのスプーンを使い捨てっていうのも、木工屋としてはなんの活躍もしていないので、木のお皿とスプーンを作りました。
持って帰ってもらって、自ら磨いたりして使い続けていただいても良いし、鉢植えの受け皿でもいいし、もちろん使い捨ててもらっても良い。
こうして木工屋としての存在意義が生まれるので、ただカレーを作って販売するだけじゃなくて、木の器もつけて出しています。

Category: | Comment: 0件

角トレー


A4サイズは入らない、それくらいの大きさの長方形トレー。

実は一部割れが入ってしまったので、製作途中にボツとなりそこらへんにずっと放置されていたものなのですが、もう割れなんて気にせず最後まで仕上げました。
もちろんこのままでは売り物にはなりませんが、いろいろ活躍してもらおうと思います。

Untitled
今日はこれから晴れるらしく、しっとり洗濯物干し。
プラス、冷凍庫の中にあったいつのか分からないコスタリカ。

Category: | Comment: 0件