ヤマザクラ

木の器を作るのに、最も多用している材料がヤマザクラ。
堅い木ではあるのだけれど、その割には削り易い方で、刃物で切って仕上げた後の肌もきれい。
そして、使い込んで行ってからの、色の変化、赤黒く深い色合いに変化して行く様子もとてもきれい。

・・・と、僕自身一番好きな素材であるのが、ヤマザクラ。

そんな材料も、いつも良質なものが確実に手に入るかというとなかなか難しい。
たくさん入手できるときもあれば、しばらくお目にかかれないときもある。

僕が製作している木の器で、一番の人気は直径30cmの大皿。(0055 大皿300
このお皿を作ろうと思ったら、直径50cm位の丸太が必要。

なかなか、貴重な材料です。

もはや貴重すぎるサクラの大判板材。今あるストックを全て大皿用に木取りしました。次に続く材料を探さねば…

いよいよ大判のサクラの板のストックがなくなってきた。
今あるストックをすべて大皿用に木取りしました。

あまり良い材ではないけれど、サクラ丸太ゲット。1.3トン。

今日、サクラの丸太を入手しました。
でも、ちょっと細い。
大皿を取るのは難しい様子。

しかし、貴重なサクラ材なので、これも製材して、いろいろな木の器にして行きます。

大きな木の器用には、また大きな材料が山から切り出されるときまで・・・

大きなサクラ材が手に入るまで、ひとまず、ケヤキやクリ、ナラで、大皿を作ろうと思います。

今年は、ヤマザクラの開花が、シデ類の開花と重なって、山は色とりどり。秋の紅葉とは違って、春色。もっと上手く写真撮りたいなあ。

いま、温井周辺の山は色とりどり。
今年はどういう訳か、ヤマザクラの開花が、シデ類の開花と重なって、赤、黄緑、ピンク。常緑樹の濃い緑や、新緑が混ざり合って、とてもきれいです。

秋の紅葉とは違って、春色の明るい彩りの山。

このような自然に囲まれて、本当に幸せだと思う。

コメントを残す




Comment